egaoninaruのブログ

47歳。日々疲労と戦う私。人生いろいろ考えさせられます。子育て、仕事、自分のことなど、日々のことを綴っていきたいなあと思っています

運命の人

海老蔵さんの会見、泣けました。


まおさんの最後の言葉が

愛してる

だったとか…


最後の言葉が愛してるだなんて…


私は、いかにも日本人って感覚なので、単純に愛してるという言葉には抵抗感があります。


なので、最後の言葉はありがとうと言いたいかな…


まおさんにとって海老蔵さんは運命の人だったんでしょうね



幸せそうでしたよね、まおさん。


海老蔵さんの会見を見てたら

ふとドリカムのやさしいキスをしてという曲を思い出しました。



この歌、なぜか好きなんですよね

私は、あんまり恋愛の歌は今さら聴きたいとも思ってないし、こんなに想ってます感たっぷりの歌は苦手なんですが…


なぜか、この歌は気になる

そういう、不思議な曲です


今日という1日が終わる時にそばにいられたら

明日なんていらない


という歌詞があるんですが

なんか泣けます


今日という1日という部分は、この世の終わりみたいに感じてしまいます


あなたと過ごせるなら、たとえ今日で命が終わってもいいみたいな



人間は誰でもいつかは死にます

昨日まで生きていた人が、確実に死んでいなくなる時が来る


残された人は、死んだ人と

もう、この世で絶対に会えない

本当に不思議で悲しい感覚になります



まおさんの死で、

45歳で亡くなった父を思い出しました。

さっきまで話していたのに、次の瞬間あっと言う間に意識がなくなり、そのまま亡くなってしまいました。

涙が止まりませんでした


人間はいつ死ぬかわかりません

その時は突然だったりします


でも、どんな人生だろうと、幸せだったと、ありがとうと言って死にたいです



まおさんは、本当に感謝のこころに溢れていましたね



ご冥福をお祈りします

豊田議員騒動

いかなる理由があっても、やはりあれだけの暴言は聞いてて気持ちは良くないですね(ー ー;)


私の周囲にも、ヒステリーな怒り方をしてしまう人いますね…


ものすごくストレスが溜まっている

イライラが止まらない

相手が悪い

私はこれだけやっているのに!


そんな感じでしょうか?



子どもたちが小さい頃、私もヒステリックに怒ってしまうことがありました。



とにかく、小さい時はいくら説明しても、

うん、わかったよ!

とはいきません


いくらなだめても、注意しても、説明しても上手くいかないことが多かった( i _ i )


うちの長女はとにかく手がかかりました。

加えて、下の子と2歳違いなので、ストレスがものすごかった(ー ー;)


嫌なことがあると、30分以上も泣きわめいて言うことを聞かないこともしばしば。


もう、知らない!って置いて先を歩くと、絶対追いかけて来ない…


その場所で頑固に泣き叫ぶ


他人に迷惑がかかるので、結局無理やり動かすしかない


すると、また怒り泣き叫ぶ


下の0歳児をおんぶしながら、泣き叫ぶ2歳児を抱っこしてなんて、きついですよ〜

( i _ i )

さらに上に5歳児もいるし(ー ー;)


仕事しながらだし疲れ果て、時にはヒステリーに怒ることもありましたね。


そんな手のかかった長女も、今は高校生。

年々、手を離れていきます。


ずいぶん、聞き分けも良くなりました。

話せばわかる!

すごい!


まあ今でも、性格的に気の強さや怒りっぽさはありますが、反面明るく、ネチネチしていないさっぱりタイプで友達もたくさんいます。

勉強は大嫌いですが、最低限はやります。

ちょうど、学年で真ん中くらいの成績です。



話は戻りますが、豊田議員は、ものすごく優秀な経歴の持ち主ですよね

仕事もできる2人のお子様のお母さん

そんな優秀な方だけど、感情のコントロールができないことで仕事をなくしてしまうという結果になってしまいました。


もったいないですね


なかなか、仕事もできて、頭も良くて、人格者でとはいきませんね。


どうすれば良かったのか?

失敗しても常に、考え、改めていけば良いですよね。

失敗したら終わりでは辛い


私も毎日、毎日考えています。


どう考えれば良いのか?

気持ちが楽になれるのか?


結局なるべく無に近づいていきたいんですよね


何事にもこだわらず、風のように、嫌なことや感情も流して留めない。


できることを淡々とこなしていく。


そんな人を目指しています。


自分のために。

教育費に対する考え方

うちは、夫婦それぞれの職場の人たちの

教育費に関する考え方に違いがあるようです。


夫の職場の人たち自身やその子どもたちの話を聞くと、まず中学受験はさせてません。

塾もあまり行かせてなかったりもします

高校受験もあまり深く考えていないようです。

でも、優秀なお子さんもいらっしゃいますよ。



大学は必ず奨学金で行くのが当たり前らしいです。


なので、夫の職場の若い人たちは、奨学金がまだまだ返せていません。


結婚して、子どももいるのに、住宅ローンもありながら、奨学金を30歳代でも返済しています。大変ですね。


だから、自分の子どもたちにも、大学に行きたいなら奨学金で行ってもらうのが当たり前という感覚です。


奥さんはほぼ、うち以外はパート勤めです。



一方、私の周りの人たちは、フルタイムで働き続けているタフな人たちなので、中学受験させている人もいますし、塾には多くの人が通わせています。しかもほとんど大手の有名塾に通わせていますね。


習い事もさせたりとお金かけています。


大学も奨学金を借りたとかは聞いたことがありません。


バイトで、自分の食事代とか、遊び代とか衣服代は出してもらってるとは言ってましたが。


でも、みなさん、お金はたくさん飛んで行ったとは嘆いていますよ!だから仕事辞められない!ってみんな言ってます。



決して余裕ではないですが、職場には恵まれており、タフに働いてはいますよね。



だから、私が必死にやりくりして、

息子の大学の費用も奨学金は借りないように、貯金してきたことや住宅ローンも大学入学までに必死に完済したことを、夫が職場の人に話すと、ものすごーっく驚かれるようです。


私は定時制の高校しか行けなかった、ど貧乏だったので、働きながら勉強する辛さを身に染みて感じたので、

子どもたちには、とにかく勉強だけに、集中できる環境を与えたい!

それを目標に働いてきました。


今の長男は、

毎日大学で朝から晩まで勉強です

とにかく理系のうちの子の学部学科は、

取らなくてはいけない授業が多いらしく、忙しいです。

通学時間も往復3時間は取られます


なので、バイトや部活は強制していません。


親としてはバイトや部活で友達ができるし楽しいかなあと思うのですが、やはり学業優先で、本人がしんどいから無理だと言うので仕方ないと思います。


遅い日は、朝早く6時半に家を出て、夕方6時半まで授業、7時半すぎに帰宅です。

ほぼ毎日そんな感じです。

大変ですよね…

高校と変わらない生活です。


まだ一年生なのに、理系の大学生はけっこう忙しいですよね


まあ世間からすると、甘いのかもしれませんが、でも私は子どもたちが就職するまではサポートしていきたいと思っています。


見返りを求めない、投資のようなものです^_^



まあ、親バカできるのも幸せなことですね…


私の場合、仕事は毎日憂鬱ですが(ー ー;)

頑張りたいと思います