egaoninaruのブログ

47歳。日々疲労と戦う私。人生いろいろ考えさせられます。子育て、仕事、自分のことなど、日々のことを綴っていきたいなあと思っています

中2長女ご機嫌

今日は、塾で数学だったみたいで。


あれ、数学って土曜日じゃなかったっけ?


母、よくわかってないようです💧(°_°)



とりあえず、今図形の証明問題やってて、すっごくわかるらしいです。


まだ習ってない、先の問題したら、すぐできて、そしたら、それ見て、先生が「まいったな」って言ったらしいです。



以下、娘の台詞…


「その、まいったなは、すごいって意味のまいったなってことだから〜。いや〜もう、私かなりできちゃってるし❗️わかってるとポンポンできちゃうからね。楽しいわあ。もう、嬉しくて足バタバタしたよ〜笑」



ものすーーーっごく、自慢気に話してました

( ̄▽ ̄)


その、自慢気な様子と話し方が、もう、本当面白かったですよ〜


かなり、笑える性格です。うちの長女。


とにかく私の性格と正反対ですね。


これからも、このままの明るく楽しい性格でいてほしいです(^○^)




しかし、1歳から中1まで反抗期だったのに…



小学生や中1の時は、長女の態度が悪すぎて、父親にもかなり怒られてました。



保育所時代もすごくて、可愛いと思えず、悩みまくり怒りまくり泣きまくりの私でしたが、こんな笑える日々がくるとは…



本当、小さい時は大変だったなあ。



日々、成長を感じます




にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村


にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村

小6次男泣く

今日、私仕事休みでした。


16時頃、小6次男帰ってきました。


今日は塾の日です。


宿題をやり始めたものの、ムッスーとして怒りながらやりたくないと言い出し、最後は答え見ながら、写していたので、ちょっと待った!しました。


「どうしたの?わからないの?間に合わないから写してるの?」


質問しまくると、ポロポロ泣き出しました。


16時半から塾ですが、すでに16時半になってしまいました💧



私、仕方ないので、


「体調悪いので、休ませていただきます。すみません」


と塾に電話しました


私も16時半に用事があったので、家を出ないといけなかったので…


「私が帰るまでに何に腹が立つのか、どうして泣いてるのか、自分の考えをまとめとくように」


と言って泣いてる次男を残し、出かけました。



途中、買い物もして帰ってきたので、結構時間がかかり、家に着いた時には、1時間くらい経ってました



最初出て行く時は私もなんだか気持ち落ちつかずでしたが、1時間もあると、かなり頭も冷静になるものですね。



帰ってくると、すっかり落ち着いた顔の次男。


「遅かったねー」

といつもの感じ。


机を見ると、下手くそな字で書かれた

メモが…


「ゲームのせいで宿題が遅れる。遅れて、忘れて、先生に怒られて、親に怒られる。パパにゲームのせいかって言われて、ゲームができなくなる。怒られるのとゲームができなくなるのがイヤ」


次男のメモそのままの文章です^_^;



なるほど。じゃあどうすればいいと思ってるの?

ゲームを取り上げないと宿題できないの?

それとも、これからは自分でできるの?

宿題やった?って確認してほしいの?


などなど確認していき結果決まったことは…


宿題やった?と声かけしてほしい。やってなかったら、その時やるから。


決まったこと、それだけです。( ̄▽ ̄)



わからないことはないの?と問題も確認しました。



私がいない間、洗濯が終わったみたいで、干してた洗濯物を取り入れて、終わった洗濯物を干してくれたみたいです。



なんか、塾も休んで悪いなあと気を使ってるんでしょうね^_^;



まあ、ちゃんとやって下さいね。


小6次男。


今まで、ほとんど問題なく全然かまってなかったですが、

いろいろこれからありそうな予感がした一件でした…


にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村

親に望むこと

子どもは、親に対してこうしてほしい、ああしてほしいといろいろ要求があるでしょうが…


私の場合、

1番の要求は、「親が幸せであってほしい」ですかね…


親に言われたかった言葉は


「あなたがいたから、がんばれた。幸せになってほしい。未来は自分で作っていくんだから諦めちゃダメだよ」


って言葉かな。


現実は、


私「がんばろうよ、私たちのためにとか思わないの?」


父「もう、人には生まれ変わりたくない。お前が二十歳になるまで生きられない」


私「じゃあ、これからどうなるの?私、親がいなくて幸せな結婚もできないんじゃない?」


父「そうかもな…」


父親、もう生きる気力ゼロに近かったんでしょうね。


本当に私が18歳で、亡くなってしまいました。


借金もあり、生活は苦しい、自分は体も弱っているが働いて、子どもを育てないといけない。相談相手はいない。


自分ひとりで抱えきれなかったんでしょう。



親の笑顔は思い出せないですね。

ほとんど暗い顔しか見てなかったです。



悩んだり、つらいことがあったり、心が満たされていなかったら、なかなか笑顔にはなれません。


でもやっぱり、子どもの前では笑顔でいたいですね。



大好きなGReeeeNのGOOD LUCKY!!!!

の歌詞の


君の幸せが隣の人を

Smile&愛状態作る


ってところ

その通りだなって思うんです


まず、自分が笑顔になれるように、自分をかわいがり、いたわってあげましょう!


私、頑張ってる❗️

しんどい、今日寝る❗️

お気に入りの靴買う❗️


いろいろ、やってます…( ̄▽ ̄)

にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村